各部会(考古・古代・中世・近世・近代)・大会・委員会情報

各部会からの情報(例会・お知らせなど)

 各部会で行われる例会の情報を掲載しています。【各会場をクリックするとアクセス方法が出ます】

     考古部会

■2024年5月例会

  • 日時:2024年5月10日(金)19時~
  • 会場:阿倍野市民学習センター 和室
    (あべのベルタ3階。地下鉄・JR 天王寺駅/近鉄阿部野橋駅より徒歩8分)
  • 報告:相馬勇介氏「土器からみた中南河内における地域間関係の展開」(第2回大会準備報告)
  • 報告者コメント:本発表では、弥生時代前~中期の中・南河内地域を取り上げて、地域間関係の展開とその背景について検討する。特に言及したい点は、中期中葉に出現する南河内地域における弥生時代遺跡の成立背景である。分析対象は主に生駒山西麓産土器と生駒西麓型土器を挙げ、それらの分布や一括資料の内訳の把握を行う。
  • 当日は資料代として200円をもらい受けます。

  • 日時:2024年5月17日(金)19時~
  • 会場:阿倍野市民学習センター 第4会議室
    (あべのベルタ3階。地下鉄・JR 天王寺駅/近鉄阿部野橋駅より徒歩8分)
  • 報告:園原悠斗氏「サヌカイト製石器からみた中・南河内地域内の集落間関係」(第2回大会準備報告)
  • 報告者コメント:二上山北麓産サヌカイトのお膝元と言える中・南河内地域を対象地として、原材料の獲得-生産-流通-消費までの一連の流れを復元し、近畿地域の「ブランド石材」たるサヌカイト製石器の流通があらわす弥生社会の経済的観点からの変容について検討する。
  • 当日は資料代として200円をもらい受けます。

 □考古部会のおしらせ

運営委員 道上祥武・花熊祐基・相馬勇介
連絡/報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ daireki_kouko□yahoo.co.jp (花熊祐基) ※□を@に換えてください。

     古代史部会(続日本紀研究会)

■2024年4月例会

  • 日時:2024年4月19日(金)18:30~21:00
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 報告者・題目:田村葉子氏「正子内親王の立后とその意義」
  • 参考文献
    ・仁藤智子「「平安初期における后位の変質過程をめぐって-王権内の序列化とその可視化-」(『国士舘人文学』48 2016-3 国士舘大学文学部)
    ・同「女帝の終焉:井上・酒人・朝原三代と皇位継承」(『日本歴史』837、2018年2月)
  • ご参加ご希望の方は、4月18日(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。お申し込みの方に、ZoomのURL・ID・パスワードおよび報告資料をお送りいたします。
    [申し込みフォーム]
  • 例会終了後、2時間程度オンライン懇親会を予定しております。こちらもふるってご参加ください。

  • 日時:2024年4月26日(金)18:30~21:00
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 報告者・題目:浅野咲氏「日本古代における皇后の地位と権能」(第1回大会準備報告)
  • 参考文献
    ・岸俊男「光明立后の史的意義―古代における皇后の地位―」(『日本古代政治史研究』塙書房、1966年、初出1957年)
  • ご参加ご希望の方は、4月25日(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。お申し込みの方に、ZoomのURL・ID・パスワードおよび報告資料をお送りいたします。
    [申し込みフォーム]
  • 例会終了後、2時間程度オンライン懇親会を予定しております。こちらもふるってご参加ください。

■2024年5月例会

  • 日時:2024年5月17日(金)18:30~21:00
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 報告者・題目:保科季子氏「中国古代の皇后・皇太后―その地位と権力」(第1回大会関連報告)
  • 参考文献
    ・谷口やすよ「漢代の皇后権」『史学雑誌』87-11、1978年。
    ・保科季子「天子の好逑―漢代の儒教的皇后論―」『東洋史研究』61-2、2002年。
  • ご参加ご希望の方は、5月16日(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。お申し込みの方に、ZoomのURL・ID・パスワードおよび報告資料をお送りいたします。
    [申し込みフォーム]
  • 例会終了後、2時間程度オンライン懇親会を予定しております。こちらもふるってご参加ください。

  • 日時:2024年5月24日(金)18:30~21:00
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 報告者・題目:浅野咲氏「日本古代における皇后の地位と権能」(第2回大会準備報告)
  • 参考文献
    ・岸俊男「光明立后の史的意義―古代における皇后の地位―」(『日本古代政治史研究』塙書房、1966年、初出1957年)
  • ご参加ご希望の方は、5月23日(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。お申し込みの方に、ZoomのURL・ID・パスワードおよび報告資料をお送りいたします。
    [申し込みフォーム]
  • 例会終了後、2時間程度オンライン懇親会を予定しております。こちらもふるってご参加ください。

  • 日時:2024年5月31日(金)18:30~21:00
  • 開催方法:Zoomを利用したオンライン開催
  • 報告者・題目:中野渡俊治氏「日本古代の太上天皇と皇后・皇太后 ―天皇を取り巻く地位の権能をめぐって―」(第2回大会関連報告)
  • 参考文献
    ・上村正裕『日本古代王権と貴族社会』(八木書店、2023年)
    ・仁藤智子「平安初期の王権 ―女帝・皇后不在の時代へ―」(仁藤敦史編『古代文学と隣接諸学3 古代王権の史実と虚構』竹林舎、2019年所収)
  • ご参加ご希望の方は、5月30日(木)までに、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。お申し込みの方に、ZoomのURL・ID・パスワードおよび報告資料をお送りいたします。
    [申し込みフォーム]
  • 例会終了後、2時間程度オンライン懇親会を予定しております。こちらもふるってご参加ください。

 □古代史部会のおしらせ

運営委員 中納雅司・横井裕人
連絡/例会報告・『日本後紀』輪読希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ dairekisyokunihongi@gmail.com ※メールアドレスにご注意ください。
会誌『續日本紀研究』の購読・購入に関するお問い合わせは下記までお願いします(大阪歴史学会への入会(『ヒストリア』講読)や古代史部会例会関係と異なります)。
 ⇒ shokkikenkyu@gmail.com ※メールアドレスにご注意ください。
【注意!】
最近、例会開催の通知メールにつきまして、メール会員各位のPC・スマートフォンの受信フォルダにおいて、迷惑メールに振り分けれているとの情報を、数件、頂戴しております。
メール会員の皆さま方におかれましては、念のため、ご自身の迷惑メールフォルダをご確認いただき、例会通知がそちらに入ってしまっていないか、チェックをしていただきませんでしょうか。
お手数おかけして恐縮でございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

     中世史部会

■2024年4月例会

  • 日時:2024年4月14日(日)14:00~
    ※通常と時間が異なります。ご注意ください。
  • 会場:大阪市立J:COM中央区民センター第2会議室 
  • 報告:永山愛氏「南北朝の内乱と軍事編成」【第2回大会準備報告会】
  • 参考文献
    ・山田徹「室町領主社会の形成と武家勢力」(『ヒストリア』223、2010年)
    吉田賢司「「主従制的支配権」と室町幕府軍制研究」(『鎌倉遺文研究』26、2010年)
  • 部会終了後、懇親会を予定しております。
  • 完全対面での開催となります。オンライン配信はございません。

 □中世史部会のおしらせ

運営委員 北山航・佐野啓生
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒daireki_chuusei□yahoo.co.jp  ※□を@に換えてください

     近世史部会

■2024年4月例会

  • 日時:2024年5月6日(月・祝)13:00~【卒業論文報告会】
  • 開催方式:オンライン形式(Zoomを使用)
  • 山本拓海氏(大阪大学卒業)「近世後期における武士の身分と規範―『御仕置例類集』「臆し候類」の検討を通じて―」
  • 参考文献
    ・谷口眞子「正当防衛の「発見」」(同『近世社会と法規範』吉川弘文館、2005年、初出1997年)
    ・深谷克己『江戸時代の身分願望―身上がりと上下無し―』(吉川弘文館、2006年)
  • 参加を希望される方は、開催前日の5月5日(日・祝)18時までに、下記のリンクより登録をお願い致します。ご登録いただいたメールアドレスにZoomの参加URL・ID・パスワードをお送り致します。(なお、申し込まれた方で報告3時間前までに案内がない場合は、お手数ですが当方へご連絡ください。)
    [申請フォーム]

 □近世史部会のおしらせ

運営委員 中谷真悠香・藤井滉良
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ kinnsei.daireki□gmail.com ※□を@に換えてください。
今年度の部会費400円をまだご納入いただいていない方は、下記口座までお振り込み下さい。
  郵便振替口座 00940‐3‐150953 大阪歴史学会近世史部会

     近代史部会

■2024年4月例会

  • 日時:2024年4月27日(土)18:00~
  • オンライン(Zoom)
  • 山口一樹氏「1920年代における政‐軍協調体制の成立と内閣統合の展開―宇垣一成を軸として―(仮)」【第1回大会準備報告】
  • 参考文献
    ・「元帥をめぐる一九二〇年代の陸軍 : 上原派の構想を通じて」(『日本史研究』686号、日本史研究会、2019年10月)
    ・「一九二〇年代後半における政党政治と陸軍 : 政党への系列化をめぐって」(『ヒストリア』287号、大阪歴史学会、2021年8月)
    ・「1920年代後半における宇垣一成擁立運動の諸相 : 三月事件前史」(『立命館大学人文科学研究所紀要』133号、立命館大学人文科学研究所、2022年12月)
  • 参加を希望される方は、いずれも前日までに下記のメールアドレスにご所属・お名前等を明記の上、ご連絡下さい。 参加に必要なURLおよびレジュメ等をメールにてお送りいたします。

■2024年5月例会

  • 日時:2024年5月12日(日)13:00~
  • オンライン(Zoom)
  • 出水清之助氏「大同団結運動期における政党と地方―東北会の動向を中心に―(仮)」【第1回大会準備報告】
  • 参考文献
    ・出水清之助「民権政党停滞期における「無形結合」路線の論理と展開 : 〈広域地方結合〉の成立を中心に」(『史學雑誌』第129編第12号、史學會、2020年12月)
  • 参加を希望される方は、いずれも前日までに下記のメールアドレスにご所属・お名前等を明記の上、ご連絡下さい。 参加に必要なURLおよびレジュメ等をメールにてお送りいたします。

■第2回修士論文報告会(日本史研究会近現代史部会と大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会との合同)

  • 日時:2024年5月11日(土)13:00~
  • オンライン(Zoom)
  • 報告者①:熊崎斗吾氏(京都大学大学院)
    タイトル:「近代都市社会における旧藩と大名華族―明治期尾張徳川家の「慈善」に着目して―」
    【参考文献】
    ・宮間純一「生存のための歴史」(『歴史学研究』1042、2023年)
    ・内山一幸『明治期の旧藩主家と社会』(吉川弘文館、2015年)
    ・大石嘉一郎・金澤史男編『近代日本都市史研究』(日本経済評論社、2003年)
  • 報告者②:和氣理花氏(京都大学大学院)
    タイトル:「戦間・戦時期日本における労働者統制と在郷軍人会」
    【参考文献】
    ・由井正臣『軍部と民衆統合―日清戦争から満州事変期まで』(岩波書店、2009年)
    ・藤井忠俊『在郷軍人会―良兵良民から赤紙・玉砕へ』(岩波書店、2009年)
  • 配信方法について
    ミーティングアプリzoomを使用してオンライン会議の形で開催いたします。参加をご希望の方は、5月9日(木)までに日本史研究会近現代史部会のメールアドレス(kingendai.nihonshiken@gmail.com)へ、氏名・所属を明記してご連絡下さい。参加に必要なURL・ログインID・パスワードを、5月10日(金)までに、こちらより返信いたします。zoomはアプリとブラウザのどちらからでもご利用いただけます。
  • 部会員以外の一般の方もご参加いただけます。なお、レジュメの受取のみを目的するお申込はご遠慮下さい。

 □近代史部会のおしらせ

運営委員 梶尾良太・吉原徹平
連絡/例会報告希望/お問い合わせは下記までお願いします。
 ⇒ daireki.kindai□gmail.com ※□を@に換えてください。
今年度の部会費1000円をまだご納入いただいていない方は、下記口座までお振込みください。
  郵便振替口座 00940-1-159776 大阪歴史学会近代史部会

【メール会員(近代史部会)募集のお知らせ】
平素より当部会の活動にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。近代史部会は、従来部会員の皆様にハガキにて部会開催等のご案内を行って参りましたが、2020年度(2020年7月)より、メール会員の募集を開始いたしました。これに伴い、部会費を以下のように改訂いたします。
【ハガキ会員】・・・年間1000円 【メール会員】・・・年間500円
現在ハガキにてご案内しております現部会員のみなさまにも、これを機にメール会員への移行をおすすめいたします。メール会員への移行をご希望の方は、2021年10月31日までに上記メールアドレスにご連絡ください。11月以降もメール会員への移行を受け付けますが、会費の減額は2022年度より適用とさせていただきます。今後とも近代史部会をどうぞよろしくお願い申し上げます。

     大会・総会情報

■2023年度大阪歴史学会大会・総会

サンプル画像

  • 日時:2023年6月25日(日)受付開始10:00 受付場所1階
  • 会場:大阪大学豊中キャンパス法経講義棟
    (阪急電車宝塚線石橋阪大前駅または大阪モノレール柴原阪大前駅下車徒歩15分)
  • 総会:12:10~13:10 第1講義室(1階)

□大会プログラム

考古部会
第3講義室
(2階)
〇13:30~14:30 部会報告
 岡本 健氏「戦国期の瓦生産」
〇14:30~15:30 部会報告
 市川 創氏「近世大坂における瓦の生産と流通」
〇15:50~16:50
 ミニシンポジウム
古代史部会
第1講義室
(1階)
○13:30~15:00 部会報告
 村上菜菜氏「日本古代の国郡行政と村落社会」
○15:20~16:50 舘野和己氏コメントおよび討論 ※終了時間を訂正しました。
中世史部会
第5講義室
(3階)
○13:30~15:00 部会報告
 大島佳代氏「中世前期における全国的内乱と奥羽地方」
○15:20~16:50 部会報告
 永野弘明氏「中世前期の荘園制支配と荘官」
近世史部会
第2講義室
(1階)
○10:30~12:00 個人報告
 中村博司氏「徳川家康による大坂城西ノ丸入居と天守構築をめぐって」
○13:30~15:00 部会報告
 平田良行氏「近世後期代官役所の金融仲介と貸付―近江国信楽代官役所を事例に―」
○15:20~16:50 部会報告
 石橋知之氏「幕末大坂における本屋仲間と出版統制」
近代史部会
第4講義室
(2階)
○13:30~15:50(※延長の可能性あり) 部会報告
 茶谷 翔氏「近衛新体制期の国策研究会と民間経済界―「官民一致」・「官吏独善」をめぐって―」
 コメント 兒玉州平氏

     委員会情報

■2021年7月~2022年6月の全体委員会日程

サンプル画像

  日時  会場
 2021年7月委員会  7月26日(18:30) 当面はオンライン開催
(対面開催の再開時期・場所は、社会情勢に応じて今後検討)
 8月委員会(休会)  
 9月委員会
  (部会運営委委員との合同会議)
 9月27日(18:00)
 10月委員会 10月25日(18:30)
 11月委員会 11月22日(18:30)
 12月委員会 12月20日(18:30)
 2022年1月委員会 1月24日(18:30)
 2月委員会
(部会運営委員との合同会議) 
2月28日(18:00)
 3月委員会 3月28日(18:30)
 4月委員会 4月25日(18:30)
 5月委員会 5月23日(18:30)
 6月委員会 6月6日(18:30)
 6月臨時委員会 6月18日
(18:30)