会誌『ヒストリア』-2017年~(260号~)

■262号 (2017年6月刊)
区分 著者 題名
研 究 井上敬介 北海道第二期拓殖計画策定と二大政党―自作農創設問題を中心に
研究ノート  熊谷明希 隼人郡の成立と「隼人之調」
浜田久美子 大宰府における外交文書調査―「国書開封権」研究の現在
わたしたちの
文化財
神谷悠実 大阪近代長屋
報 告 企画委員会 行燈山古墳の立入り観察
2017年度大会報告要旨 考古・部会報告(道上祥武・安村俊史)
古代・部会報告(内田敦士)
中世・部会報告(橘 悠太・松井直人)
中世・個人報告(小久保嘉紀)
近世・部会報告(井戸田史子・ジョン ポーター)
近代・部会報告(大庭祐介・久野 洋)
近代・個人報告(井上直子)
■261号 (2017年4月刊)
区分 著者 題名
研 究 林 美佑 十一世紀の大中臣氏に関する考察―「氏」・「門」・「家」をめぐって
研究ノート  小磯隆広 中国問題をめぐる日本海軍の対英観―一九三五~一九三八年
笠原敬太 青年学校制度の成立―文部省・陸軍省の交渉を中心に
報 告   田村 亨 二〇一六年度「第三二回歴史学入門講座」の記録
藤田裕介 二・一一集会の記録
実行委員 ピースおおさかの展示リニューアル続報12

■260号 (2017年2月刊)
区分 著者 題名
特集・大坂の成立・展開と本願寺・信長・秀吉-「石山」呼称問題から都市論・権力論
     藤本清二郎 特集にあたって
吉井克信 「石山」呼称問題の経過と今後の検討課題
大澤研一 「石山」および「石山本願寺」呼称の成立過程の再検討-近世大坂の地誌・真宗寺院の由緒書を中心に
菊谷菊美 「石山」呼称一般化の過程-実録『石山軍艦』の成立まで
岡村喜史 真宗史における「石山」呼称の受容-近世~近・現代
仁木 宏 権力論・都市論から見る「大坂」-「石山合戦」史観の問題性
矢嶋健人 2016.3.27シンポジウム討論要旨
研 究 長谷川裕峰 鎌倉・南北朝期の山門寺院における本末関係-法会運営と法流を中心に
井上将文 戦前二大政党制と拓務省問題~東郷実を中心として~
わたしたちの文化財   西川寿勝
浜地長生
狭山池
報 告  小田康徳 真田山陸軍墓地 調査の現段階
企画委員会 第三回全国史料ネット研究交流集会